新作「人口年輪年代図」を展示

3月21日から、アーツ千代田3331で開催される、超高齢化時代の生き方、介護、福祉のデザインを考える展覧会「おいおい老い展」にて、「人口年輪年代図」という新作のデータ・ビジュアライズ作品(最近は「データ・アート」と称している)を展示します。統計データを基に50年後の日本を自分でも初めて使う作図法で可視化します。ぜひご覧ください。

生き方、介護、福祉のデザインを考える展覧会「おいおい老い展」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *